FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.08.30

いろいろと。

今回は、早めに更新できました。
こぬこさんの写真を載せようかと思いましたが、私のPCにあるものは、すぐには載せられませんでしたので、今度まとめて載せたいと思います。

出産して7ヶ月、今までの思いを語ろうかなぁと思います。反論などあるかもしれませんが、一個人の意見として聞いてください。
ブログには今まで載せていませんでしたが、私たち夫婦の間には、子供が3年間出来ませんでした。
作らなかったわけでもないし、自分たちの年の事も考えると1日でも早く欲しいというのが本音でした。

結婚して1年、出来なかったので、友人からの勧めもあり、夫婦で話し合って、夫婦で検査に行くことにしたのです。検査の結果、「問題は無い。タイミングの問題だろう。」と言われました。
男性の検査は1回だけですが、女性の検査は月1で通院です。私の場合1年間通いましたが、それでも出来ませんでした。
そうしたら、いろいろとあって、ブログに載せていた通り、私もフルで働くことになり、いろんな意味での余裕も無くなったので、通院出来なくなりました。
私的にはこの時点で、半分あきらめていました。

フルで働くようになって半年、「大変だったけど、この生活にも慣れて、仕事も楽しくなってきたなぁ。」と思い始めたころ、妊娠しました。
出来たとわかった時は、本当にうれしかったです!!ただ、仕事も大変な時だったので、体がとてもしんどかったので、そういう意味では複雑でした。

もし、このブログを見て下っている方で、不妊で悩んでいる方。
私も実の親から、「早く出来ると良いねぇ。」等とよく言われていました。
何気ない一言が、プレッシャーになりますよね。
だからといって、簡単に授かるものではないという事。女性は月1回しか、チャンスが無いんだから。
だから、悩む前に実行してほしいのです。
不安材料を1つでも減らして、少しでも悩まないように持っていきましょう。
私の知人も、「不妊検査に行ってたけど、仕事を始めようとしたら出来た!!」という方もいらっしゃいますし、他の友人も心に余裕が出来たから妊娠したという方もいます。
その為には、
1.夫婦で話し合って、夫婦で検査に行く。
男性は産婦人科に行くのに抵抗があると思いますが、最近は妊娠中の奥さんの付き添いで、旦那さんがついてこられることが多いです。それに男性の検査は、基本的には1回のみです。
これは旦那さんサイドに伝えたいのですが、妊娠・育児は夫婦の問題です。子供が欲しいのであれば、ロマンチストな感情や恥を捨てて、奥さんに協力してあげましょう。
この結果を聞くだけで、不安は随分解消されると思います。今後の方向性の道しるべになると思うので。

2.基礎体温を付ける。
通院出来なくなった時も、私は計って付けていました。体調管理も出来ますしね。これを付ける事で、正しい生理の周期もわかるし、排卵日の予測も出来るようになりますよ。周期がわかると、生理で失敗する事も少なくなると思います。

あとは、余裕を持てる生活をしましょうね。


妊娠中は、つわりやら貧血やら、妊娠中は辛かったです。医者に「体重増加」よりも「塩分」「鉄分」の注意をよく受けていました(^_^;
食事は自分では気を付けていたつもりでも、なかなか大変なものです。
ひたすら「小松菜」と「レバー」を食べていました。
もともと九州の人間なので、塩分控えめだったのですが、関東人のぬこ作君の影響もあり、結婚3年で濃い味つけになっていたようです。私たちの将来の事を考えると、塩分は控えるべきなので、今でも私が作る時は気を付けています。
つわりは人それぞれ、いろんなパターンがあります。私は比較的普通だと思います。よく炭酸飲料を飲んでいましたね。
本等を参考にしてください。
初産で赤ちゃんの体重が「3500g」を超えると、尿検査で出ていなくても、母親が「糖尿病」の疑いがあると言われます。(私も言われました。)だから、食べ物に注意は必要ですよ。

医者から問題が無いと言われたら、散歩したりマタニティヨガはおススメですよ。体を動かすことも大事です。

今回はこれまでにします。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://tominandfkenmin.blog.fc2.com/tb.php/73-3c5bc399
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。